子供を産むか悩んでいるワーキングウーマンたちへ

子供を産むか悩んでいるワーキングウーマンたちへ

こんにちは、株式会社KEY ROLE 兼吉です。

ワーキングウーマンの方で、
将来子供が欲しいな、と思いながら
先延ばしにしたり、悩んでいる方が
少なくないと思います。


未婚の方も、既婚の方もいつか子供が欲しいけれど
一旦キャリアを中断しなければならない気がしたり
子供がいる生活のイメージができない、など
ネガティブに捉えているかも知れません。


「結婚や出産をしない」という選択もあります。

でも、「もしも、いつかは」と思っているのなら
先延ばしして、後悔しないで欲しいと思うのです。

私自身、20代後半から30代前半は
仕事、結婚、出産タイミングに悩んだ時期でした。
35歳で結婚したものの、今度は子供をどうするか。
パートナーに相談しても、どちらでもいいよ、と
言われる。さて、どうしたものか・・・(苦笑)
仕事にやりがいを感じている今のうちに
転職するか、それとも子供を産むか。
でもある程度子供が大きくなるまで
キャリアアップ出来ないな、、、

そんな風に色々悩む中、38歳で自然妊娠・出産。
でも自分の年齢の高齢出産リスクの数字をみて、
正直驚きました。
結婚は何歳でも出来るけれど、出産は時期があるなと。
私の周りには40代で結婚、出産している友人も
沢山いますが、一般的にはリスクが高くなるし、
閉経後は産めなくなるのです。


躊躇している方は、子育てに関するネガティブな
ニュースで不安になっているのかも知れません。
マタハラ、保育園問題、虐待、いじめ・・・
耳を覆いたくなるニュースばかり。
本当に自分に子育てできるのかな、と不安に
なったとしても仕方がないと思います。
でも、自分の親としての在り方に自信満々な親って
あまりいないと思うのです。
親も子供と一緒に、成長していけばいいと思うのです。


個人的には、こどもを出産して、価値観が
大きく変わりました。それまでは、
「自分が死んでしまったら、おしまい」
と考えていました。
でも、こどもや孫の未来にまで視野が広がり、
どうやったら、こどもたちに豊かな時代の
バトンを繋いでいけるか、を自分事として
考えるようになりました。
起業したきっかけも、この想いがあったからです。


転職相談やカウンセリングで、私と同様に
産後、価値観が大きく変わったという女性は
沢山います。
・なにか社会に貢献できることはないか、
・女性のために役に立ちたい、
・こどもたちに、楽しく働く背中を見せたい、など
そんな愛に溢れる思いが、豊かな将来を創っていくと
心強く感じています。

確かに、出産や子育ては楽ではありません。
でもそれ以上に得るものがあります。
もし、迷っている人がいたら、背中を押したり
不安を減らすお手伝いができると思います。
ぜひ、KEY ROLEへご相談くださいね。

あなたのしあわせとチャレンジをいつも応援しています。



あなたならではの「ROLE(役割)」をみつけることが

輝く人生のトビラを開く「KEY(カギ)」になる