40代以降の方は、依頼心が出ていませんか?

40代以降の方は、依頼心が出ていませんか?

こんにちは、株式会社KEY ROLE 兼吉です。

以前、40代半ばの女性を面談したのですが
なかなか面接通過しないというご相談でした。

経験もよく、感じの良い方でしたが
お話を伺う中で、どうして面接通過しないのか、
理由に気づきました。

それは、「教えてもらったら、できます」
という言葉でした。

この方だけでなく、特に40代以降の方は、
・教えてくれたらやれます
・分からなければ、誰かに聞きます(やってもらいます)
・自分にできるか自信が無い

という考えの方が多い様に感じます。
これだと、依頼心が強い印象を与えてしまいます。

これは時代の影響があるかも知れません。
当時は、新卒入社後、新人研修がありましたし、
先輩に仕事を教えてもらうのが
当たり前の時代でした。

 

メーカー時代、私も1年くらいかけて
じっくり後輩育成をしていました。
ところが、人材業界に転職し、驚きました。
新人は1ヵ月後には一人で実務をするのです。
ベンチャーやスピード感ある業界では
責任ある仕事を早めに担当するので
20代で管理職になる人も多いですよね。
メーカーでは35歳過ぎても後輩すらいない人
も沢山います。

ベンチャーと日系メーカーはこんなにも
スピード感と主体性に差があるのだと
痛感しました。
どちらが良い、悪いではありませんが
責任感や経験値の高さという点で
差が出てしまいます。

 

いまは、インターネットがあるので
ググると情報が出てきます。
「調べた上で、分からないところを訊く」
というスタンスで仕事をする人が多い中、
誰かに自分のために時間を割いてもらうこと
に対して申し訳なく感じないなど意識が低いと
仕事ができない人と思われる可能性があります。

 

先程の女性に、そのことを指摘したところ、
気づいたらしく、すぐに決定しました。

 

面接が通過しない場合や、
職場でなんとなく疎まれていそうな時は
依頼心が出ていないか確認してみて下さいね。

あなたのしあわせとチャレンジをいつも応援しています。

あなたならではの「ROLE(役割)」をみつけることが
輝く人生のトビラを開く「KEY(カギ)」になる