世界幸福度ランキング 2019

世界幸福度ランキング 2019

こんにちは、株式会社KEY ROLE 兼吉です。

 

先週末から今週は個人的には、
ウェルビーイング Weekで、
しあわせを感じた日々でした。
また個別に改めてコラムに綴りますが、
まず気になったニュースから。

 

3/20 発表された「世界幸福度ランキング2019」
に拠れば、日本は2018年の54位から4つ順位を
下げて、58位。

 

この結果、みなさん、どう思いますか?
しあわせって計りづらいものですが、本当に
日本人がみんな、しあわせを感じていないのか
疑問を感じています。
日本は、戦争もなく、世界の国々の中では安全で、
仕事を選ばなければ、一食も食べられないほど
困っているひとは少ない。
平穏な生活を過ごせることって、しあわせなこと。
足りていないことばかり数えてしまうのは
日本人の特性なのでしょうか。

 

3/21に、武蔵野大学で「Shiawase 3.0 シンポジウム」
がありました。
武蔵野大学しあわせ研究所長 西本照真学長、
慶應大学院SDM 幸福学研究 第一人者前野隆司教授、
「未来の住職塾」主催 松本紹圭僧侶、
茂木健一郎氏や田中ウルヴェ京氏などの対談から
はじまり、午後からはしあわせに繋がる26の
ワークショップ。
なんと、1600人も集まったそうです!

 

このことからも分かるように、しあわせに
興味を持っている人は多いのです。
みんながしあわせになるために、
何か役立ちたい、学びたいという人が
沢山集まっていました。

 

しあわせって何でしょう?
「うわべだけのしあわせ」はメディアに
作られたもので、本当に私たちが
望んでいることではないかも知れません。
まずは「自分にとってのしあわせは何か」
を知ることが大切だと感じました。

 

対談も、ワークショップも、運営の方も
本当に笑顔でいっぱいでした。
沢山のシンクロが重なり、素晴らしい時間を
過ごしました。

 

あなたのしあわせとチャレンジをいつも応援しています。
2020年の幸福度ランキングに繋がるように
活動していきます。

あなたならではの「ROLE(役割)」をみつけることが
輝く人生のトビラを開く「KEY(カギ)」になる