昭和→平成→? 古い価値観で時代に乗り遅れないためには?

昭和→平成→? 古い価値観で時代に乗り遅れないためには?

こんにちは、株式会社KEY ROLE 兼吉です。

 

ふと思ったのですが、最近、
謙虚でマイルドな男性が多くないですか?
私の周りが、ということもあるかも知れませんが
自然体で気負いなく、中世的な男性が多いように
思います。

一昔前までは、自慢が多くて強気だけど
外見はパリッとして、仕事ができて
高年収なのでモテる男性、
が飲み会の時に1人はいたように思います。
何処に行ったのでしょう? (笑)

 

いまは働く女性が多く、育メン流行りなので
家族思いで、やさしい男性が人気なのかも
知れません。時代の流れを感じます。

 

 

少し前に週刊SPAが掲載した某ランキングが
大炎上し、女子大生達が編集部に話し合いに
行ったというニュースがありました。
同年代の女性たちと飲んでいる時に、
この話題になったのですが、
「私たちが大学時代からこの手のランキング
あったよね、どうして怒らなかったんだろう」
という話になりました。

 

当時(バブル期)を振り返ると、女性も
ランキングが大好きだった様に思います。
「3高」(高学歴、高身長、高収入)や
アッシー、メッシー、という言葉が流行り
男性に貢いで貰ったブランド商品をみんな
身に付けていました。
冷静に考えると、ホント恥ずかしいですね。

 

だから、SPAや似たジャンルの雑誌で
様々なランキングがあったとしても、
お互い様って感じだったのかも。

 

あれから約30年が経ち、既に当時の結果が
出ています。
3高の相手を探し、結婚した友人知人の中には、
離婚したり、再婚したりと様々で、
「お金に不自由しなかったけど、辛かった!」
と振り返る人も少なくありません。
今の方が自由で、しあわせだと。
後輩世代や子供たちは、教訓を聞かされて
いるのかも知れません。

 

また、男女の学歴差や経験差が無くなり、
互いに歩み寄り、中性化している様に感じます。
特に35歳以下の男性は研修でも、女性の価値観を
とても理解しているように感じます。
その上の世代はなかなか難しいみたいですが(苦笑)

 

 

先日友人の50代管理職男性が、
「最近女友達と話す時の立ち位置は、
ピーター(池端新之助=中性的)だから」
と話していました (笑)
50代でバブル期を知りつつも、どんな男性像
が今の時代に人気があるのか、トレンドを
掴んでいると感じ、だからいつも人気者
なのだと納得しました。

 

管理職の方の中には今もなお、先程の彼と違い
昔の価値観に縛られている人は多いかと思います。
キャリアカウンセリングや転職相談で、
上司に言っても意見が伝わらないと嘆いている
20代や30代は多いのです。

 

これは女性上司にも該当します。
男性に負けないように、肩肘張って、
仕事最優先で過ごした価値観を押し付けて
困るという話も聞きます。
女性が働きにくかった時代、頑張って成果を
出してきたことは素晴らしいと思います。
でも部下や後輩に「自分の時代はこうだった」
と押し付けるのではなく、時代の変化を認め、
部下や後輩の話を聴き、取り入れ、
これからの世代を応援するために、
どういう姿勢が求められるのか、
考える時ではないかと思います。

 

サッカー日本代表の事例で言うと、
西野元監督、森保監督共に、
海外でプレーしている今の選手たちの方が
自分達よりも広い知見があるということで、
選手にヒアリングし、選手に考えさせて
全体にシェアしていくと聞き知りました。
今はトップダウンスタイルではないのです。

 

まもなく、新元号の新しい時代になりますね。
男性・女性、それぞれの年代の特性を活かしつつも、
お互いに対等で自然体で、人として尊敬しあえる
そんな社会になったらいいなと思っています。

 

あなたのしあわせとチャレンジをいつも応援しています。

あなたならではの「ROLE(役割)」をみつけることが
輝く人生のトビラを開く「KEY(カギ)」になる