【実施報告】”自分らしく進む 戦わない働き方”研修

広島県の事業で、”自分らしく進む 戦わない働き方“ 研修(オンライン:12名+現地5名 ハイブリッド型) を担当しました。
報告、気づいたことを紹介したいと思います。

戦わない働き方とは?

広島県の女性活躍推進企業、アドバンストスタイル株式会社では、
” 戦わない働き方 “をこのように定義しています。
「職場でのステージやライフ環境が変わっても、自分や他者と戦わず 自分らしく働き人生を楽しむこと」

私たちの人生を山に例えると、どんな山を目指し、いま、どのくらいのところを
歩いているかは人それぞれ。
まだまだ、ふもとの方もいれば、ある程度頂上が見えている人、
あるいは、尾根を辿って他の山を目指す人もいるかも知れません。
他の山を目指している人は、部署異動したり、ライフイベントで環境が変わった方かも知れません。

山を登る時、仕事に邁進して頂上を目指し、グングン進む時もあれば、自分の体調や環境、家族次第でトレッキングの様に笑顔で楽しみながら歩く時期もあります。

私たちは、頂上を目指すか、トレッキングのように周囲を見渡しながら歩くか、自分自身で選択することができます。

自分を知り、理想の働き方を考える

戦わない働き方を考える前に、自分のことを知り、自分の理想の働き方を考えます。 戦わないための対策を考える時に、自分の得意なことや強み、どうなりたいのかというイメージが役立つからです。

個人ワークと対話を繰り返すことで、他の人との視点や価値観の違いを知り、
視野を広げていただきました。

全体シェアでは、
・同じような状況でも、性格の違いなどにより、戦っているものや、対策法が違うことを知った
・違う状況の人(こどもがいるいない、既婚、未婚など)と話すことで、違うことに戦っていることを知った
・日常一緒に仕事をしている人とプライベートなことまで話すことがなく、お互いの理解が深まった
・自分の強みと他者の強みがちょうど真逆で相互補完できるので良いパートナーになれると知った
などの意見がありました。

会社の強みや理想の会社を考える

前回の研修同様、最後のパートでは、「会社の強み」や「理想の会社の状態」を考え、グループで話をしてもらいました。

ここの意図は、自分の理想の働き方をするために、会社に貢献したり、提案することができることを知っていただくこと。
「あまり考えたことがなかったので、良い機会になった」というお声が上がっていました。

最後に

今回は全員に、「感想」と「この体験をどう活用するか」を発表してもらったのですが、次の方のお名前を呼びかける形にすることで、一体感を得ていただきました。

互いに気づきを与えあったことが伝わる内容で、素晴らしい発表タイムになりました。

今後、環境やライフステージが変化するときなど、定期的に振り返りたい、という意見もあがりました。

「戦わない働き方」研修では、今回お伝えした考え方を自分で辿ることで、いつでも、戦わない働き方や対策方法を考えていただける内容になっています。
定期的に、自分を見つめなおす時に、今後も役立てたら嬉しいです。

あなたのしあわせとチャレンジをいつも応援しています。