環境を変えたいなら、まずは新しい「場」へ

今年は「学び」の年にしようと思い、
講座受講を続けています。

1月からウェルビーイング心理教育アカデミー(※)の
※https://wellbeing-education.org/
ナビゲーター講座を受講。
先週末は新しくなった
ドリームマップファシリテーター養成講座
http://www.icp-coach.info/lesson/makeuseof.html
を再受講してきました。
基本や原則は変わっていなくても、時代に合わせて
言葉や求められることは変わるため、
学び続けることは大切だと改めて実感しました。
また、内容もさることながら、誰と学ぶか、は本当に
重要で、心温まる安心・安全な場では、活発な意見が
交わされ、学びが深まることを体験しました。

 

 

振り返ってみると、習い事や講座受講など、
新しい「場」には多くの素晴らしい出逢いがあり、
それがきっかけで人間関係が広がり、人生の転機に
繋がりました。
例えば、受講していた講座の飲み会で知り合った方
から声を掛けられたことがきっかけで、
ドリームマップファシリテーターになりました。
元々興味あることが近しい仲間たちからの情報は
親和性が高いものが多いのです。
また、私だけでなく、友人たちの話からも
「新しい場に出てから環境が、そして人生までも変わった」
という経験を良く伺っていますし、学びの輪が、
広がっていく様に感じています。

 

 

でも、時間がないし、興味あることも特にないし、
新しい人間関係が面倒だ、と思う方も
いらっしゃるかも知れません。
その場合は、いきなり長期間の講座ではなく、
まずは、1日数時間、何か興味のあるセミナーに
出るだけで変化があると思います。
私自身、2時間のセミナーで隣に座った方と意気投合して、
7年以上友人関係が続いていますし、
ほんの数時間一緒に過ごしただけで、深い話まで出来る
仲間になるような経験を沢山してきました。

 

 

転職のご相談の中で、「環境を変えたい」
という方がいらっしゃいます。

●この会社しか知らないから他も知りたい
●別の会社に行けば、もっと環境が良くなるかも
●新しい人間関係を望んでいる

など 理由はそれぞれかと思いますが

もしそれほど現職に不満がなければ、まずは
新しい「場」にでることをお勧めします。
転職というリスクを冒さずとも、自分の視点を
変えることが出来、改めて現職に関して
客観的に見ることが出来る機会や新しい出逢いがあり、
自分が本当にやりたいことを考えるきっかけに
繋がると思うからです。

 

3月のブログでもご紹介した、
LIFE SHIFTー 100年時代の人生戦略
(リンダ・グラットン著)の中に、
「多様性に富んだネットワークの必要性」について、
下記一文があります。

「視点が変わるきっかけになるのは、それまでよりも
広く多様性に富んだ人的ネットワークに触れることだ。
アイデンティティは友人関係やその他の人間関係に
深く根ざしているので、移行を遂げるときは
どうしても交際範囲が変わらざるを得ない。」

 

新たな「場」に出て、広く多様性に富んだ
人的ネットワークを作ることで、視点を変えて、
寂しく不安な老後でなく、100年時代を謳歌しましょう。

 

 

「あなたならではの「ROLE(役割)」をみつけることが
輝く人生のトビラを開く「KEY(カギ)」になる」

 

2017年7月8日(土)ワンディ☆ドリームマップセミナー開催!
是非、新たな「場」を体感してくださいね。
お申込みは、こちらから↓

<都合により日程変更>2017年7月15日(土)ワンディ☆ドリームマップセミナー