仕事でやりたいことが叶わなかったら

こんにちは、株式会社KEY ROLE 兼吉です。

やりたい仕事があるのに叶わなかったり
いざやってみたら向いていなかったこと、
こんな経験は多かれ少なかれ、
どなたにでもあるのではないでしょうか。

それが心から憧れていた仕事だったら、
余計にショックですよね。

憧れの会社に入社できなかった、
資格試験に落ちてしまった、
就いたものの予想以上に
ハードな世界だった、
ポジションが空いていなかった、
体質的に合わなかった、
パワハラにあった、など
日々皆さまから、理想とのギャップを伺います。

希望通りに進めなかったので、一旦、
他の道に進んでみたものの、
次にどうするか、何をしたいのか、見出せず
とても悩んでいらっしゃるのです。

そんな時は自分がやりたかったことについて
もう少し深掘りしてみて下さい。
具体的に何をやりたかったのか、
どうしてやりたかったのか、
それを、やることで、何を得たかったのか、等

もしかしたら、希望の場所以外でも
求めていた仕事が出来る、
ということがあります。

例えば、私は大学時代、総合商社での
貿易の仕事を志望していました。
なんとなく憧れ、努力しなかった私は
結局、機械メーカーに入社。
ところが、課長が担当していた輸出の仕事
を手伝うことになり、貿易業務に15年以上
携わることが出来ました。
メーカーと顧客での直接取引が増えているため、
商社にいたら、こんなに長く貿易に
従事できていなかったかも知れません。

また、ある知人は、大学卒業後
広告代理店に入社したかったそうです。
最終面接で不採用。
その後不動産会社に入り、広報を担当することに。
いまでは広告代理店と一緒に仕事をするように
なりましたが、自分は代理店側ではなく、
クライアント側が合っていた、
と話をしていました。

この2つは、最初は叶わなかったけれど、後から、
やりたかった仕事と逆の立場で経験できたという、
ラッキーな例です。
逆の立場や、関連するところを探したら、
やりたいことに近づくことが出来るかも知れません。
案外その方が良かった、ということも!?

今やりたい仕事を出来ていなくて
苦しんでいる方も多くいらっしゃると思います。

以前転職相談にいらした方は、本当は
大学院に残り、研究をしたかったそうです。
研究員や学者を目指したけれど
ポジションが空いていなくて、やむなく
知人の会社で管理部門のお仕事をしていました。
この方は、経験のある管理部門にしか
転職できないと思い込んでいました。

でもやりたいことではないので、管理部門の
仕事に対して熱意が感じられませんでした。
案の定、面接で企業側から
「うちでなくても(この仕事でなくても)
いいのでは」と言われるそうです。

そこで、何をしていることが好きか、
得意か、楽しいか、一緒に深掘りしてみると
何かを調べたり、考えることが好き、
ということが分かりました。

管理部門ではなく、もう少し幅を広げて、
調べたり分析したりする仕事や
あるいは、自分が携わってきた学術分野を
扱っている企業や近しい業界を選ぶ
という選択肢を増やすことにしました。

あるいは、仕事という形ではなく、
興味あることを続けるために大学院に通ったり、
趣味で続けている方もいらっしゃいます。
やりたいことを無理やり止めなくても
続けていく方法を探し、見つけることで、
心が軽くなる方もいらっしゃいます。

何かひとつの道が閉ざされても
少し見方を変えたり、視野をひろげると、
関われる可能性が広がることがあります。
また、ゴールが同じなら、違う道でも、
結果としてそこに辿り着けるかもしれません。

いつもあなたのしあわせとチャレンジを
心から応援しています。

あなたならではの「ROLE(役割)」を
みつけることが輝く人生のトビラを開く
「KEY(カギ)」になる」