事務職で自分の強みを見つけるには?

こんにちは、株式会社KEY ROLE 兼吉です。

4年ほど前に、ある方の転職相談を受けました。
外資系企業で事務をしていたワーキングマザーで
仕事と家庭の両立に悩んでいらっしゃいました。
自分らしい働き方を模索していました。

その後も、派遣、契約、業務委託とフレキシブルに
事務のお仕事を続けながら、周囲のニーズをキャッチ。
本やセミナー受講で学び、Excelやパワポの技術を磨き、
分かりやすい資料をつくることに徹底したところ、
在職中から沢山の方に仕事を頼まれるように!!
私もお仕事をお願いしています。
そして昨年冬、「スライドクリエイター&NY証券会社
出身のスーパー秘書」として起業されました。
※ かわもとえりこさん  http://facebook.com/eriko8787
URL:https://slidecreate.qloba.com/

 

事務職希望の女性はとても多い一方で、
事務職は働きやすいけれど、
・どのようにキャリアを積んでいいか分からない
・事務職だと先が見えない
・頑張っているのに評価されなくて苦しい
などの悩みをよく伺います。

事務職といっても、営業事務/一般事務/金融事務/
庶務/総務・人事・経理アシスタント・・・
と幅広いのです。業務内容も様々なので、
・どういう業務が得意か
・幾らやっていても飽きないことはなにか
・どんなところを磨いていきたいか、
など考えてみると、自分だけの強みが見えてくるのでは
と思います。

 

かわもとさんの様に、資料作成スキルというニッチな
分野もエッジが利いて、素敵ですよね。

私はOL時代営業事務と貿易事務もしていましたが
実は事務的な細々とした仕事は苦手でした。
むしろ、社内外の調整や交渉が強みと気づき、
キャリアチェンジしたのです。

 

フリーランスや起業の際に、事務職経験は意外と役立ちます。
各種書類の作成、業務の一連の流れ、お金の流れなど。
上司から頼まれた仕事の意図を確認すれば、
管理職視点での「ものごとの捉え方」を学ぶチャンス
があります。

いま、事務の方は、どうせ事務だから、ではなく
・自分の仕事は会社にとってどの部分を担っているのか
・受注から回収まで入り口から出口まで一連の業務を
意識してみる
・効率的に事務処理を行う方法を考えてみる
など、いまの環境でも学べることは沢山ありそうですね。

かわもとさんの様に、自分の強みを見つけて
輝く人が増えることを願っています。

あなたのしあわせとチャレンジをいつも応援しています。

あなたならではの「ROLE(役割)」をみつけることが
輝く人生のトビラを開く「KEY(カギ)」になる」