ウェルビーイング的3つのバランス

今年もあと僅かとなりました。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
今春、娘の中学受験があったため、ゆっくり過ごす
年末年始は久しぶり。

ニセコにある「坐忘林」という宿で年末年始を
家族と一緒に過ごしています。
ニセコエリアでも離れのような奥まった場所にあり、静寂で
深々と降り積もる雪の音や温泉のお湯の音が響き渡っています。
目も耳も心もお腹も(笑)豊かになるウェルビーイングな時間を
過ごしています。



WHOの健康の定義(1946年)※ から、最近日本における
ウェルビーイングは” 身体的、精神的、社会的に良好な状態 “
と広まりつつあります。

※ 「Health is a state of complete physical,
mental and social well-being and not merely
the absence of disease or infirmity」
健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、
肉体的・精神的・社会的に全てが満たされた状態にあること。

身体的(身体)、精神的(心)、社会的(繋がりや仕事)な
3つのバランスの心地よさ、良い状態は、人それぞれ。

どんなに仕事が上手くいってても、
身体が疲労困憊したり、
気持ちに余裕が無かったり、
家族やパートナーとすれ違ったり、
趣味ややりたいことをする時間がなかったり、
そんな方も多いのではないか、と思います。

一方で、家族との仲や人間関係は良くても
仕事に遣り甲斐がなかったり、
経済的に満足していないこともあるかも知れません。
お金があればあるほど、幸福とは限らないのですが
最低限のお金は心の安定のために必要です。

私自身も過去はバランスが悪いことが多く
たくさん失敗してきました。
家族からの「少しゆっくりしたら」という
言葉のお陰で突っ走りすぎないように
調整できるようになり、ちょうど良い
バランスを探ってきました。

ウェルビーイングについての知識を得てからは
自分自身で人生を選択できるようになり
生きることが楽になったように思います。
それは「いま、自分にとって必要なのは何か」
を意識しているからかも知れません。

このバランスは、年齢や環境によって
変化するように感じます。
年齢を重ねると共に、意識して 身体の声を聞きながら
ケアする大切さも最近痛感しています。
私自身は、栄養・運動・睡眠の質をあげることや
家族との時間を大切にすることを心がけること
そして、時には自分自身を労い、愛情を向けることが
心身の健やかさに繋がっているように感じます。

ぜひ、年末年始、ご自分のこの3つのバランスを
考えてみてくださいね。
これは、誰かと同じものではなく、
あなたではない誰かがそう望んでいるから、
というものでもありません。
あなただけのオリジナルのバランスです。

「現在のバランス」と「理想のバランス」
両方を見てみると、Gapに気づくかも知れません。
そのGapを埋めるためにできることを始めてみてくださいね。
小さなでOKなので、ぜひ3日以内にチャレンジしましょう!
きっと、あなたらしい人生に近づくと思います!!

あなたのしあわせとチャレンジをいつも応援しています。
あなたの2022年が素晴らしい1年になりますように。
良いお年をお迎えください。