なんとなく転職を考え始めたときに、まず何をする?

なんとなく転職を考え始めたときに、まず何をする?

こんにちは、株式会社KEY ROLE 兼吉です。

 

年度末、お仕事が忙しかったり、
4月から急に異動が決まったりして、
すぐにではないけれど、転職を考えはじめている方が
増えているかも知れません。

 

私自身、新卒入社した会社にいる18年の間に
4回転職を考えたことがあります。
このままでいいのかなと思い、なんとなく
転職を考えてみたり、
スキルアップ・年収アップしたいと想い、
実際に求人を探してみたり、
その時々で、本気度は違いました。

 

まず、転職を考えた時にやってみて頂きたいのは
求人媒体で気楽に探してみること。
※ 〇ズリーチ、〇クナビNEXT、〇イナビ、〇nの転職など
探すだけで、まだ登録はしないでもいいですし
(中途半端に入力するとかえって逆効果!!)
見られる範囲内でOKです。

なぜ調べて頂きたいのか、というと
自分のこれまでの実績が通用するのかを
案件を見ながら、確認していただきたいのです。

 

求人案件には、「業務内容」「求める経験・スキル」
「条件(年収)等」があります。
全てが該当すればもちろん良いのですが、
「こういう人ならいいな」という希望的側面で
沢山条件を書き並べて募集する企業もありますので
一部該当でもOKです。

例えば、経理の方ですと、
・簿記2級以上
・決算業務経験
・会計監査経験
・資金調達業務
・上場経理経験
・マネジメント経験   など

自分が担当してきた業務や経験のあることを
確認していきます。

 

そうすると、どの位のレベルの人が求められるのか
知ることが出来、足りない部分は、
いつまでに、ここを強化してから転職しよう、
と戦略が立てられるのです。

大手企業のミドル層の中には、一部の業務しか
していない方も多くいます。
計数管理のみ、売掛金のみ、・・・
それだと、転職活動は厳しくなります。
ぜひ、同世代の人がどのくらいの業務をしているか
イメージしてください。

もう1つ勧める理由としては、
どんな会社や業務内容が良いのかが曖昧な場合
求人媒体を見ると、様々な仕事があるので
視野が広がるのです。

お気に入りにストックしておき、
その中で共通点を見ていくと、
「あー、これまで黙々と仕事をしてきたけど
人と関わる仕事の案件が多いな。
コミュニケーション力を活かせる仕事を
希望しているのかな」
など、気づくことが出来るのです。

 

もし、転職の本気度が高ければ、求人媒体の中で
自分の希望する求人数が多い媒体に登録しましょう。
多すぎると混乱するので、まず1~2つで。
登録の時に、しっかりと項目や実績を埋めていくと、
スカウトを受ける際の精度があがりますよ!
※スカウトを受ける際は、現職からの検索を
ブロックすることを忘れずに!

 

はじめての転職では、何から手を付ければいいのか、
どうしたら良いのか、分からないものです。
情報が少なく、やり方が分からないままに
なんとなく決まり、短期離職することも多いのです。
また後から人材紹介会社に連絡を頂いても、既に
個人で応募済で、同じ案件を応募出来なくなる
ケースもあります。
出来れば、早めの段階で、人材紹介会社を使用し
情報を得て、方向性を見定めてから、
活動してくださいね。
でも、人材紹介会社がマストではありません!!

 

特に、20代の方は人材紹介会社経由でなくても
求人媒体で案件が決まりやすいです。
※企業側が安く採用出来るので。

ただ、相談できる人がいる方が安心できると思うのです。
うまく人材紹介会社を活用して、満足のいく転職を!

あなたのしあわせとチャレンジをいつも応援しています。

あなたならではの「ROLE(役割)」をみつけることが
輝く人生のトビラを開く「KEY(カギ)」になる